読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次男の入院に思うこと

まだ再退院は済んでないけど、今回の入院で思ったこと。

90%わたしが付き添ってる…。

※7%は実母。(家に帰って風呂に入る為交代)

遠方から来てくれた母には感謝しきりである。

でも。

妻が仕事復帰した月なんだから、もう少し夫にも代わってほしかったなぁ。

代わろうか?の言葉もないし。

せめて代われなくてごめんとか、体大丈夫?とか、なんか一言ないのか。

大部屋で気を使い、たくさん抱っこし、大半はパイプ椅子に座り、寝るときも添い寝で、それが5日間って普通にしんどいんですが。

モヤモヤ。

あったのは入院初日の、俺が付き添ってても(授乳できないし)意味ないよね、という言葉だけ。

モヤモヤモヤ。

私にも復帰早々大事な打ち合わせとか、締め切り有りのタスクがあったわけ。もう遅いけど。

私の母呼んだからいいか、というのが透けて見える。

まず二人で協力し合うのが本来では?

実母を呼ぶと夫が協力してくれなくなるなら、あんまり呼びたくないなぁとまで思ってしまった。

夫も本当に仕事が忙しい週だったようなので、とりあえずこのモヤモヤは心に留めておくことにする。

と、ここまではネガティブな思考で、建設的な考察は次回。