【限定】フルタイム生活終わる

同僚Aさんは休職中だが
ともかく繁忙期は終わった為
限定フルタイム生活はひと区切り。
平常運転(時短)へ。

1.5倍界王拳、長くは使えない。

久々に保育園お迎えへ急いだ。

(急いだといっても
オフィスから駅まで歩いて12分。
走る気力はなく1本電車を見送る)

よく考えてみると、
力を尽くして頑張っているものの
がんばればがんばるほど
上の人(上司)からは

あ、一人でもなんとかなるんだ

と思われるのでは…?

という危惧がフツフツと沸く。
=人員を補充してくれなくなる。

一応人並みに責任感はあるものの
力を尽くすが一人では到底無理
というアピールをしなくては
と決意した、帰り道。


早迎えで喜ぶ息子たちを見て
幸せな気持ちになった今日。