天敵、現る

次男の保育園周知会と健康診断に行ってきた。

時間は13:00~。在園児はお昼寝の時間で閑散としていた。

長男の教室をこっそりのぞいてみたら、皆スヤスヤ寝ていて微笑ましかった。

健康診断。

我が家から一番近い小児科の先生(天敵)がいて密かにゲッとなったが滞りなく終了。

この保育園の嘱託医だったんだね。。

天敵認定理由↓

・長男が最初にかかった時、ため息をつかれた。(夫婦共にかなりカチンとした。)

・馬鹿にしたような言い方をする。

・何をするにも説明が少ない。(質問すると、馬鹿にしたような(以下略)のループ)

単に厳しい、というのならいいんだけど、いちいち腹が立つんだよなぁ。

ちなみに、かかりつけは二番目に近い小児科にしている。

そして周知会。(というか物品購入手続きがメイン?)

ワサワサしていて、0歳児クラスの人数はわからなかったが

長男と同じクラスの子の弟妹さんが2人いて安心した。

偶然にも、2人とも長男と同じ2歳児クラスから入園した一家である。

どちらも上の子にそっくり。

この保育園。ひとつだけ気になるのは、

バリバリ茶髪(根本プリン)ジャージ風の若いお母さんがたまに目に付くこと。

茶髪の園児も見かけたことある。

幼児の髪を染める親って・・・?どうなんだろうか。