ズボラ母のON/OFF LIFE

仕事、お金、3人育児、家事、趣味を綴るブログ

【2学期初】朝の登校渋り

2学期がスタートして3週目のラスト。
そろそろ来ると思ってたよ。
小1長男の朝の登校渋り。


1学期の最後の方からは
朝ゴミ出しする夫とともに
マンションエントランス(=集合場所)
までおりて、男同士クールに別れる
という良いサイクルを確立していた。
(まぁ、夫、切れたことあるけどね)
seigo3614.hatenablog.com


しかし。
前夜から咳がひどくなっていた長男。
(薬は先週から飲んでいるのに
 あまり良くならない…)
朝もわざとらしいほどに咳き込み
しんどいアピール。
夫婦ともにやな予感。


案の定、出発直前に
「学校、車で行きたい」
と言い出した。


夫は即座に却下。
長男半ベソ。


私がつい激しく急かしすぎてしまい
長男がヘソを曲げる、という
1学期の数々の失敗を経た為に
出発時刻が迫ったら声掛けは夫に任せ
極力口を出さない
ことにしていたので
彼らのやりとりをハラハラ聞きつつ
洗濯物を干していたのだが…
半ベソ長男を引きずって出ていった夫は
その後戻らず。


エントランスで座り込み作戦してんのか
と、やな予感(再)。


しばらくベランダから見ていると
夫と手をつないで登校班の後方を歩く
長男の姿があるではないか。
夫が付き添うのは初(笑)!


校門まで送って戻ってきた夫いわく


・車で登校、は簡単にやっちゃうと
 甘えて癖になるから駄目。


・校門で俺が離れたら
 6年生のお兄さん2人が
 ササッと長男に駆け寄り
 声をかけて励ましてくれて

 いたく感動した。


・だから、泣きべそ状態でも何でも
 エントランスに置いて戻っていたら
 彼らが連れてってくれたかもね。
 (まあこわい賭けだけど)


・彼らは絶対スポーツやってるんやろな
 やっぱ長男にも何かやらせて
 根性鍛え直さんといかん!


ということだった。120%同感。
そして、私は、最近の夫の
長男への関わりぶりも
頼もしく感じている。


それにしても
その6年生のお兄さん2人は
何かと長男に優しく
本当に助けられている。


ああいうお兄さんになって!
と心から願う。


なれるかな?


夫は「無理やろ」と即答したけど。
6年生に優しくされたことは
きっと忘れない、
と私は思うんだけどね〜。


とにもかくにも
てんやわんやな朝でした。


ちなみに長男はその後学童で発熱。
ちょっと罪悪感を感じた夫、
というオチ。