ズボラ母のON/OFF LIFE

仕事、お金、3人育児、家事、趣味を綴るブログ

ダイレクトに相続放棄を促される

来月実家の敷地内に完成する、
姉夫婦の新居について
母と雑談していた時のこと。



母「もし私達に何かあったら、あなたは
  相続放棄の書類にハンコをついてね!」


その直前に、母の友達の話として
結婚や介護や相続で揉めたという事を
聞かされたのはこの布石だったのか!

苦笑。


現在、父親名義の実家の土地の上に
姉夫婦宅(姉と義兄で持分折半)建設中。

これって巷でよく言われるけど
相続時のリスクをはらんでいる形。


将来、父母どちらも亡くなれば
両親名義の土地は姉と私に相続されるが
私が完全折半(或いは相当額)を主張すると
そこに住む姉夫婦と骨肉の争いとなるわけで
それを母は心配しているようだ。


うん?私、ゴネると思われてる…?

と3ミリくらい引っかかったが
もちろん放棄一択。


6-7時間の距離に住んでいる身としては
両親の近くに住んでくれるだけで有難く
何も言う権利はないと思っている。


ただ、3ミリ引っかかったついでに

「もし私が将来ゴネた時の為にと称して
義兄に養子に入ってもらえば?
財産は原則3分割!になって
(土地で)揉めるリスク減るかもよ~笑」

と思ったけど言うのは止めた。
そんな取引めいた事を持ち出すような
両親ではないよなぁと思って…。


思えば3年前に祖父が亡くなった後
父(兄)と県外在住の叔父(弟)の相続の際
叔父は相続放棄し、父が全て相続した。

老人ホームにいる認知症の祖母のケアや
盆暮れ正月冠婚葬祭の付き合い、墓守等
地元に残る父の役割は今までも今後も大きく
叔父さんも快く放棄したのだと思われる。

同じ気持ちである。