ズボラ母のON/OFF LIFE

仕事、お金、3人育児、家事、趣味を綴るブログ   (育休につき只今仕事スイッチOFF)

【まさか】実父(65歳)の名付け感覚が麻痺してた件

先日、妊婦健診があり
うっすら第3子の性別が判明。



両親にうっすら伝えたところ
LINEで名付け案がポツポツと。
あくまで参考程度ですが。


実母は真っ当で控えめな意見。
読みやすい漢字の名前だったり
3文字がバランス良いよとか。


実父も2個の案をくれた。
しかしこれが


どっちも読めません!(当て字)
そしてかなり今風。
ちょびっとキラキラしていた。


40年間小学校教員だった実父。
この年代の人間には珍しく
今風の名付け感覚にどっっぷりと
浸かってしまったみたい。


10年ちょっと位前までは


「最近のこどもの名前は
フリガナないと全然読めない。
新クラス始まってもなかなか
覚えられない…」


ってつぶやいてたのになぁ(笑)。
時を経て麻痺したようだ。