ズボラ母のON/OFF LIFE

仕事、お金、3人育児、家事、趣味を綴るブログ   (育休につき仕事スイッチOFFモード)

【公開】時短/事務のボーナス2017

待望の冬ボーナスが振り込まれた。

自分の会社の給与・賞与規定を
きちんと理解しているか?

一度熟読することをオススメする。

私はここ数年賞与額が全く同額で
なぜだろう?とずっと思っていたけれど
(不満という訳でなく純粋な疑問)

"賞与って私毎年同じなんですけど
あなたは毎年あがってますか?"

なんて事は同僚に聞きづらく
結果として放置していたところ
夏に微増してて「??」と思ったので
賞与規定を読み込んだ次第である。


【ボーナス初公開】
額面450,000円
手取379,396円……税金高っ。


【賞与ヒストリー※夏冬額面合算】
2010 転職
2011 66万
2012 88万
2013 88万
2014 88万
2015 88万←初めて疑問に思う
2016 88万←さらに疑問が深まる
2017 90万←今ここ


我が社賞与規定によると
ボーナスをあげるには2つの方法があり

①個人評価で上司から最高評価をもらう

営業上司(勤続20年超)曰く
「僕が最高評価をもらえたのは今まで一度だけ」

なにー!Σ(゚Д゚)
それもう私には無理ゲーレベル。


または


②コツコツ昇給して
 基本給のレベルが1階級あがること

基本給のレベル×個人評価の組み合わせ毎に
賞与の上限額が決まっていた。
(つまり現階級で平凡な個人評価な限り
今回久々微増したところで一旦頭打ち)
平凡な評価(昇給)を重ねるとして
あと5回分昇給が必要(=最短5年)と判明。
もしもこのまま第3子出産が叶えば
昇給1回スキップするので最短6年だね。

seigo3614.hatenablog.com
seigo3614.hatenablog.com

【まとめ】
方法①が難しい以上②しか道はなく
"賞与額は最低6年あがらないであろう"
という事を今回初めて理解できた。

今後6年はあがらなくても
ガッカリしないぞ〜。

もし会社を辞めず続けていられたら
次の賞与公開は7年後 …
セミみたいだなぁ( ゚д゚)。