親の老後資金ヒアリング

盆は私の実家へ帰省。

父への保険会社からの通知が
食卓に置いてあったのでチラ見、
"拠出型企業年金保険"の支払通知。

企業型DC(確定拠出年金)と違うの?

と思ったので調べてみた。

【拠出型企業年金
・任意加入型(企業型DCは強制)
・保険料は個人負担、給与天引
個人年金保険料控除が受けられる
・総じて利回りが高い(らしい)
・加入時に事務手数料がかかるタイプ
 →早期退職、解約すると損する。
・導入している企業は少なくマイナー

なるほど。
勉強になるわぁ〜。

60歳で退職後2年の雇用延長を経て
完全リタイアした父。
65歳までどう生計を立ててるのか
母にヒアリングすると

「厚生年金支給開始が段階的に
65歳に引き上げられる事がわかり
3本くらい?保険に入ってたから
それでとりあえずしのいでる。
野菜は畑でたくさんとれるし。」

だそうだ。
拠出型企業年金保険もその内の1本
ということか。

以前、財形年金貯蓄を利用してて
満額550万まで掛けたと話していた。
他にそれもあるのね…。

いいなあー父さんの職場。
しっかりしてるなぁー母さん。

私達夫婦の職場はどっちもねぇよ!
年金も68とか70〜かもしれないし…。
こんなところでも世代間格差を感じる。
(ちょっと違うか?)


老後資金対策
今からしないとまずいかな…?

いやいや

まず教育費
並行して住宅ローン早期完済
その次でいいんだ

とモヤモヤグルグルするのは
いつものこと。

でも母も若い頃はお金がないから
教育費も老後資金も1口ずつ
積立や保険を増やしたと言ってたし
今はとにかく共働きを頑張って続け
貯金していくのが一番の保険?

という思考のループ。

今できることとして
iDeCoもできてないし)
とりあえずNISA積立投信を増額!

教育費、住宅ローン優先の今は
こういう手段でコントロールするのが
フレキシブルで合っているのかな。