【早すぎる】民間学童保育リサーチ4

限定フルタイム生活を終え
今後の仕事が不安な日々。

ポイント

1)同僚の退職後もそのまま
  人員の補充がされない懸念

2)次の異動で夫が県外赴任する
  可能性が高い事による不安


限定フルタイム生活を経た今は
"時短が切れ人員補充がなければ
定時で帰れる日は少ない"
と確信している。

となると、小学校併設の学童は
18:30までと短いために
(アクセス良さは魅力的なのに…)
選択肢から外れつつある。

これを事前に知れただけでも
限定フルタイム生活の意義は
充分あったと言えるかも。


自治体のファミサポ以外に
何か良いサポートはないの…?


ネットで調べる中で朗報が。
民間学童保育が自宅至近で
来月オープンするようだ。

seigo3614.hatenablog.com


で、その民間学童保育C。
徒歩10分(車5分)。
定員70名。
通常19時まで。
最大20時まで。


以前リサーチしたAやBと違い
我が校区内ど真ん中なので
一躍(私的)第一候補に躍り出た。

市役所HPによれば
うちから通えない地区だけど
他にも1つ新しい民間学童が
オープンするようだった。


保育園問題→学童保育問題へ
シフトしていくのは明らかな事。
市も努力してくれてるんだね…。
ありがとうございます。
ありがとうございます。


まあ時短が切れる来年度夏は
長男はまだ年長なので、
その1年はまた違う方法で
乗り切らねばならないのだが。

悩みは尽きない。