無痛分娩を数値で表現する 1

最近、無痛分娩した産婦さんの
重大事故が取り上げられていて
…心が痛む。

個人の産院(医師1人体制)
で産むのを許可している、
日本の産科医療は危険すぎ
という警鐘は、意見として
心に留め置いておくとして


長男を自然分娩、
次男を無痛分娩、

で経験した者としては

あまり過剰にバッシングされたら
普及しなくなっちゃうよ〜。

という心境である。
 
1人目妊婦の同僚からも
2人目を考えてる同僚からも
未婚の同僚からも

「無痛分娩!?
どうだった??」

とは聞かれるので
関心はあるが、実施には至らない
のが大多数と思う為、余計に。

ただ妊娠出産の話題は
個々人の考え方によるので
(※一度痛い目を見ている)
「聞かれればお薦めする」スタンス。


痛みの度合いに関して私は、
数値的に表現するようにしている。


続く。