読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上司にNOを突きつけた日

忙しい。

先月から他課のB先輩の業務の内
けっこうなボリュームの作業の
引き継ぎを受け始めた為
担当業務が大幅に増えたからである。


元々私は手が空いてない為
かなりいっぱいいっぱいで
心の中ではキレ気味である。
(顔には出しませんが。)


そんなところに上司Cから相談が。

「これまで営業D君がやっていた、
客先とメーカーとの交渉調整を
まるっとやってくれないか?」

最終的にはやらざるを得ないかも
と思いつつも、NOを突きつけた。

困ったことにこの世の中には、
一度例外的に引き受けた作業は
その後徐々に押し付けられ
いつの間にやらお前の仕事だろ?と
なすりつけてくる人種が存在する。
(例えばDさんのような…。)
ここ数年、痛い目を見てきたので
自分のテリトリーを守るのに必死。

同じ事務同士なら助け合いたいけれど
営業のしていた仕事であるし
キャパ的にも感情的にも引き受けられない。


上司は優しくてデキる良い人で
私が断って困っているだろうなぁ。
でも今はとても無理なんです。

上司に詫びる気持ちはあるので
ここで懺悔してみた。