約束はできない

時短勤務に切り替えて通算1年9ヶ月。

最も苦痛な事は、作業の期限を決められること。

リミットがあるという状態は、

私にとってひどくプレッシャーである。

もちろん仕事にリミットを設けるのは基本で

今までは残業して守ってきたつもりだが

時短勤務の今、終わらないもんは終わらない。

残業して終わらせるという選択がない以上

約束はできない、極力したくない。

ずるいかな?

でも何だか最近、どうもメール等で一方的に

無理めな期限を告げられる場合がよくあり

「無理です」と噛み付く暇も惜しく気力も無く

必死に着手するものの、ストレスフルである。

せめて顔を見て、口頭で指示されれば

相手の急ぎ感や、自分のタスクとの

優先順位の確認がしやすいのに

早朝や時間外に届くメール指示ばっかだよ…。

あなたが期限を決めるのは勝手だが

守れるかどうかわかりませんよ?と叫びたい。

時短勤務者の甘えと言われても。

でもリミットを守れなさすぎると

自分に対する信用がなくなってしまう。

それも悲しい。

早く、必要なときは残業できるようになりたい。

こういう苦労やストレスを夫は知らない。

会社に時短勤務の人もいないので

共有できないのもツラいところ。