その手があったか、異年齢保育

今日は次男の入園式兼長男の始業式だった。

9:15に保育園到着。帰宅したのが12時。

長かった…。

次男をずっと抱っこしてたので恐ろしく疲れた。

式典では在園児席できちんと椅子に座っている長男に感心すると共に、肝心の、園歌と在園児からの言葉を言うシーンでは、皆が立ってこちらを向く中ひとり椅子に座り続けて固まっていた…orz。

家でも練習してたのになあ。

生活発表会といい、マラソン大会といい、彼は本番になると固まる傾向にある。

次男の0歳児クラスは9人。

そして長男の年少組の人数の少なさによる私の心配は見事に解決。

今年度は年中&年少組で異年齢保育を行うと発表されたのである。

その手があったか~!と思わず唸った。

年上の子と遊んで揉まれるだろうし、知り合いもグッと増えるだろうし、生活面でも頼もしい。

明日から楽しみ。

残る問題は、ミルクを飲まない次男かなぁ。