プリンタ不要論

年賀状を作成した。

正確には、外注した。

毎年JPのはがきデザインキットを使い自宅プリンタで作成していたが

JPで印刷手配もできると知り、外注してみることにした。

(コメント手書きにこだわらなければ、投函までできるようだ。)

・しょぼい自宅プリンタでやるよりも綺麗そう。

・別途印刷代はかかるがインクカートリッジ代が不要になるのでほぼトントン?

・キットも印刷もJPなので送り先csvデータの連携がしやすい

例年、写真無し版と、写真有り版の2種類を作成。

独身・バツイチ・こどもなし家庭とかいろいろあって

写真入り年賀状に対しては賛否両論あるけれど

遠方に嫁いだし、ほとんど会えなった知人親戚くらいには

写真入りで近況を伝えたいなぁという考えなのと

こどもだけの写真というのはもらってもあまり嬉しくないので

家族みんな写っているものを。

まぁ99%自分がカメラマンなのでほとんどないよね。

数日で自宅に届くようなので、仕上がりが楽しみだ。

よさそうなら、来年以降も外注しよう。

さて自宅プリンタの最大の用途は年賀状作成だと思っているので

「もうプリンタ捨てていいじゃん!」と断捨離マインドに沸き立ったが夫に止められた。

まぁでももっと小さいプリンタで良くなるよね、という結論に落ち着いた。